ノイタミナ「僕だけがいない街」


三部けい氏の漫画「僕だけがいない街」。
いわゆるタイムリープもの。
売れない漫画家の主人公がリバイバルというタイムリープ能力で小学生に戻り、結果である現在を変えようとする話。
過去の幼女誘拐事件を小学生の非力さで奮闘し、事件を追っていく。

当時小学生だった人なら必ずわかるドラクエの話題や鉄柵でかこまれた石油ストーブ。
あるいは”秘密基地”なんてものにノスタルジーを感じつつ、本格的なタイムリープミステリーを堪能できる良作です。

フジテレビノイタミナ枠で放送し、最終回が漫画と同時に発表になる、というおもしろいプロモーションでした。

同年代の人には是時見てほしい作品。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です