アスター・ブラッドライン 13-1 - Childhood's End

アスター・ブラッドライン 13-1

アスター家の創始者はジョン・ジェイコブ・アスター(1763-1848)でした。ジョン・ジェイコブ・アスターは、ユダヤ人の血統からバーデン公国ヴァルドルフで生まれました。ユダヤ人としての起源は隠されており、ジョン・ジェイコブ・アスターの家業は肉屋でした。

1784年、イギリスのロンドンを経由して彼はアメリカに移住しました。彼は一文無しでアメリカに来たということですが、彼はすぐにフリーメーソンロッジに参加し、2-3年以内にN.Y.シティのロッジのマスターになっていました。(このロッジは、メンバーの多くがイルミナティエリートと良好なコネクションを持っているという点で著名なロッジです。ロッジ#8メンバーの1人には、父親が長年イルミナティの中枢に関わっていたアーチボルド・ラッセルです。(13血統の一族)。1788年までに、アスターはフリーメーソンロッジ#8のマスターでした。アスターがアメリカに到着したときは非常に貧しかったと思われるので、これはかなり興味深い点です。ジョン・ジェイコブ・アスターは、常に冷酷で反社会的で「魅力、機知、恵みを持っていない人」で非常に有名でした。この引用は、アスターファミリーと題された同情的な伝記を書いたデュポン家の親戚から来ています。もしこの男が社会的恵みを欠き、アメリカでの最初の年の間にとても貧しかったなら、なぜ彼はフリーメーソンでそのような名声を得たのでしょうか。彼はN.Y.市エリアで不動産取引を行うことによって財を成したとされています。元は貧しかったとされる彼が、エリート達に与えられた食事の席で誤って手が汚れてしまったとき、彼は手を伸ばし、彼のそばの男のシャツを使っておもむろに手を拭きました。その出自からは到底納得できない行動であり、さらに言えば尊敬される人物ではなかったようです。

米国政府は、1807年にすべての米国船に商品の航行を禁輸した。しかし、アスターは、彼の船がその貨物で航海するために、米国製政府から特別な許可を得ました。許可を与えたプレス・ジェファーソンもイルミナティであることが判明しています。彼の船は当時の金額で1日に20万ドル近くの利益を上げました。アスターは奇妙に他のすべてのアメリカの荷主を規制した1812年の米英戦争から大きな利益を得ました。アスターはまた、イルミナティのもう一人のメンバーであるジョージ・クリントンと一緒に土地取引に取り組みました。英国の諜報機関はイルミナティのために働いていたとされているが、秘密文書への諜報機関としてのアクセス権を持っていたジョン・コールマンという人物が、ジョン・ジェイコブ・アスターも英国の秘密工作員であったと証言しています。

米英戦争(1812)

彼はこの後も毛皮取引に遅れて参入し、数年で競合を全て排除し、業界を掌握しています。その後かれは中国のアヘン取引とも関わっています。アスターは冷酷な資本家であることに定評があった。彼はまた、正当な借金を支払わないという評判を持っていました。アスターは銀行家となり、米国政府が作った新しい国立銀行の5人の取締役の取締役会に座って、米国銀行と呼びました。アスターは、米国銀行の株式の多くを所有していました。アスターはまた、フリーメーソンとしての彼の人生の間にかなり活発でした, 秘密のロッジの生活の中でいくつかのより多くの重要な位置を保持しジョン・ジェイコブはアメリカで最も裕福な人でした。

アスター家はまた、悪魔崇拝との密接な関係を指摘されることが多いです。ジョン・ジェイコブの人格的評判からくるものもありますが、実際の悪魔崇拝とされる団体であるヘルメット騎士団やヘルファイア・クラブに所属したとされる著名人とのコネクションは確かなものです。

その後のアスターブラッドライン

ウィリアム バックハウス アスター

ジョン・ジェイコブ・アスターの息子。彼はニューヨークで悪名い資本家でした。

アスターが所有する建物の過酷な不潔な生活環境に抗議していた人々による暴動が起こされましたが、彼らの苦情は一貫して無視され、警察によって抑圧されました。彼の入居者の子供のうち20歳まで生きて者は半分しかいなかったとされています。またウィリアムは悪名高いニューヨーク市長フェルナンド・ウッドの腐敗した政権を強力に支持した。

当時の政府は腐敗した人々の群れだった。ウッドが断罪されたとき、アスターの関与は見落とされていました。

ジョン・ジェイコブ3世

彼はウィリアム・バックハウス・アスターの息子でした。彼は父親や祖父と同じように、残酷で、傲慢な人柄で有名でした。彼はニューヨークの長屋に住む貧しい大衆のための過酷な搾取工場を作りました。彼はまた、NYCを運営していた犯罪者の「ボス」である腐敗した政治家ツイードを支持しました。ツイードはニューヨーク市から数百万ドルを横領しました。彼らは最終的に捕まり、刑務所に送られる前に、ギャングが刑務所に繋がれ不自然のも市に2億ドルの費用がかかりました。ジョン・ジェイコブ・アスター3世の権力は、彼の関与が基本的に報道機関によって見落とされることを許し、ギャングたちは一生刑務所に暮らしました。

ラビア・アスター

ウィリアム・バックハウス・アスターの娘。フランクリン・デラノの妻となる。彼はイタリア貴族デラノ家の血統であり、2つの家の婚姻は他にも何件か行われ、現在はほぼ同一に語られることも多い。デラノ家は米国大統領フランクリン・デラノ・ルーズヴェルトを輩出することとなった。

フランクリン・デラノ・ルーズベルト

彼の大統領当選には少なからずアスターの資産的バックアップがあったとされる。

ジョン・ジェイコブ・アスター4世

アメリカの実業家、陸軍軍人。アメリカの財閥アスター家の一族で客船タイタニック号の乗客の一人として知られる。同船の沈没事故で命を落とした。軍人としての最終階級は中佐。連邦準備銀行の設立に絡んで謀殺されたのではという説がある。ニューヨークの最高級ホテルウォルドルフ=アストリアの創設者(現在はヒルトンが運営)。

ウィリアム・ヴィンセント・アスター(1891–1959)が死去した後、アスター家の財産は、その未亡人ブルック・アスターへ。彼女の二番目の夫との間の子アンソニーがその後見人となったが、孫であるフィリップ・マーシャルは、父アンソニーがブルック・アスターの面倒をろくに見ないで虐待しているので後見人を変更するよう民事訴訟を起こした。その裁判によりアンソニーが弁護士と共謀して彼女の財産を自身に流用していることなどが発覚し、アンソニーは詐欺罪などで刑事訴追も受けて、2009年10月にニューヨーク州地方裁判所から有罪判決を受けた。この事件はニューヨーク社交界の歴史の中でも屈指のスキャンダルとなった。

ここで現在に至るが、支流の英国に帰化した一族は現在アスター子爵家として正式に存続している。ジョン・ジェイコブ1世がどの国の諜報員であったか、アヘン戦争に関わっていた事実などを考えれば、アメリカで巨額の富を得て大統領を輩出し影響力を維持したまま英国に拠点を戻したとすれば現在はこの家が源流ともいえる。

ウィリアム・アスター (第4代アスター子爵)

1951年生まれ。社会保障省で国務次官に就任。1994年に国家遺産省に移り、1995年に政府を去るまで奉仕しました。アスター子爵は、シルバーゲート・メディアの会長であり、ネットワーク社のディレクター(2007年から)であり、クッカムのスタンリー・スペンサー・ギャラリーの理事を務めています。